活動紹介


スマイルのきもち

子育てサポートスマイル「スマイル」は、奈義町の中でお互いに子育ての援助活動を行い、子育て支援の輪を広げ、育児と仕事のバランスをとりながら安心して子育てができる地域づくりを目標にしています。
核家族化や共働き世帯の増加、SNSをはじめとする情報網の充実による、便利でスピーディな現代社会では、ゆっくりと丁寧に1人ひとりの子どもに向き合い、みんなが関わり合って育てる環境をもちにくくなっていると感じています。
思い通りにならない子育て、親だけ、自分の子どもだけの子育てからもっと世界を広げていきたい。
さまざまな子どもの発想や遊びのおもしろさを知っている大人がふえると、町がどんどん元気になってくる気がします。
那岐山をとりまく自然に育まれたこの地で、かけがいのない幼少期をその子らしく豊かに育つことができるように、小さな子どもを持つ親が人と交わり、ささえあい、あせらず急がず、子どもと泣いたり笑ったりしながら共に歩んでいける、そんな時間をたっぷりと過ごしてほしい。
私たちは、地域の親子さんとともに、暮らしやすくやさしい町づくりの一端を担っていきたいと思っています。


どんな活動をするの?

家庭の事情などにあわせて子どもの一時的な預かり、社会的な経験の場づくりなどで、子育て家庭をサポートします。
毎年、会員の中からお世話かかりを選出して、総会や春バザー、交流会、まとめの会などの運営をしています。
また育児と仕事のバランスを大切にしつつ、空いた時間を活かして”地域のにないて”として社会参加したいお母さん方に、
セミナー案内や情報提供を行うことで、「しごとコンビニ」事業とも連携をしています。


子育てサポートスマイルのあゆみ

平成16年
奈義町の子育て支援事業として、集団で行う乳幼児の一時預かりをはじめる。
平成19年
子育て等支援施設「なぎチャイルドホーム」の開設と同時に活動をなぎチャイルドホームに移し、家庭のニーズにあわせた一時預かりを基本の活動とする。
平成27年
会員による積極的な運営活動をはじめる。活動内容の見直し、充実を検討。チャイルドホームを会場にした「春バザー」をはじめる。
平成28年
一時預かり「すまいる」事業のほかに、子どもの育ちあう時間と大人の育児力向上をめざす自主保育「たけの子」事業、空いた時間で地域の中にある仕事を担う「ままワーク」事業を試行。自主保育「たけの子」事業の運営については、平成28年度美作国創生公募提案事業として美作県民局と協働。
平成29年
「ままワーク」事業の試行を終了。町にできた「しごとコンビニ」事業と連携を進める。自主保育「たけの子」事業については、平成29年度美作国創生公募提案事業として、引き続き美作県民局と協働。


運営施設情報

子育てサポートスマイル

子育てサポート「スマイル」事務局
〒708-1312 奈義町豊沢430 子育て等支援施設 なぎチャイルドホーム内
TEL / FAX  0868-36-8241
月曜日~金曜日  8時半~17時(施設開所時間)


サイト上の写真、イラストについて

当サイト上のすべての著作物(イラストや写真、マーク、情報)は、子育てサポート「スマイル」と、イラスト提供者「あさの のい」に著作権があります。
法律の範囲内で個人的に参考にするためにお使いいただくのは問題ございませんが、他のホームページや印刷物への転用はお控えください。